口の中の上側が痛い!4つの原因と対処方法

口の中の上側が痛い!4つの原因と対処方法
口の中の上側が痛い症状で悩んでいませんか?
食事のたびに上側にあたって食べるのも大変になったら困りますよね。
あなたが悩んでいる、口の中の痛い症状で考えられる4つの原因と対処方法をご紹介いたします。

口の中の上側が痛い原因と対処方法

あなたの口の中の上側が痛い症状で考えられる4つの原因をご紹介いたします。

口内炎で口の中が痛い

口内炎は主に3つの原因から症状が現れます。
【アフタ性口内炎】
疲労や睡眠不足、栄養不足、免疫力低下により症状が現れます。その症状は、口の中の上側、頬、歯茎、くちびるの内側に丸い白色の潰瘍ができて痛いといった症状を伴います。
通常は2週間程度で自然治癒していきます。
【ウイルス性口内炎】
ウイルスや細菌が原因で症状が現れます。ヘルペスウイルスが原因で発症する口内炎を「ヘルペス性口内炎」といいます。症状は、39度前後の高熱がでて、口の中の上側、舌、喉などに小さな水ぶくれ発症して痛いといった症状を伴います。
その他には、人にもともといる常在菌であるカンジダ菌が異状繁殖して起こる「カンジダ性口内炎」があります。症状は口の上側、頬、歯茎などに白い苔のような発症し、白い苔はこすると剥がれ落ちて出血を伴い痛いといった症状があります。
口の中がザラザラするといった感覚を覚える方もいます。
カンジダ性口内炎は口腔カンジダ症ともいいます。
口腔カンジダ症については、「口の中がザラザラする。口腔カンジダ症の原因と治療法」の記事でご紹介しておりますので、興味のある方はご覧になってくださいませ。
【カタル性口内炎】
入れ歯や堅い食べも物、熱い食べ物、飲み物が原因で症状が起こります。
それぞれの原因を特定し治療することで治癒します。
たとえば入れ歯が原因でしたら、入れ歯を調整することで口の中の摩擦がなくなり、口内炎も消滅していきます。
熱い食べ物や飲み物で口の中にやけどをした場合は、通常は数日から2週間程度で自然治癒していきます。

手足口病で口の中が痛い

手足口病は一般的に子どもの病気と考えられていますが、大人も発症することがあります。
手足口病は、ウイルス感染により発症します。症状は、口の中(上側、唇の内側、頬)、手のひら、足の裏に発疹や水疱がでます。39度近い高熱を伴うこともあり、口の中の水泡は痛いといった症状がある場合もあります。
発疹、水疱は3日から7日程度で自然消滅していきます。

虫歯で口の中が痛い

虫歯で口の中の上側が痛いの?と疑問も思われる方もいると思いますが、虫歯が原因で上顎に化膿がたまり、腫れて痛いといった症状を伴うことがあります。
歯科で虫歯を治療することで治癒していきます。

口腔がんで口の中が痛い

口腔がんとは、口の中の上側、舌や歯茎などに発症する腫瘍です。症状は硬い腫瘍が口の中に発症し、がん細胞が腫瘍周辺に進行することで、潰瘍となり食事のたびに患部に触れることでしみたり、ヒリヒリした痛いといった症状を伴うことがあります。自然治癒はありませんので、こういった症状がある場合はまずは口腔外科での診察を受けることが重要です。
また、口腔がんの初期症状は痛みもなく、口の中の粘膜が赤くただれているように見えて、口内炎と見間違うこともありますので、口の中の違和感を感じたら早めの診察が大切です。

まとめ

口の中の上側が痛い!4つの原因と対処方法の記事はどうでしたか?
実は私も口内炎にはよくなります。私の場合は、チーズをのせたトーストと食べることで口の中の上側をやけどしたり、傷つけてしまうことで口内炎となり、痛い症状で悩ませれています。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。