耳に膜が張った感じで聞こえにくい。耳管開放症の症状と治療方法

耳に膜が張った感じで聞こえにくい。耳管開放症の症状と治療方法
耳に膜が張った感じで聞こえにくい症状でお困りではないですか?
耳に水が入っている感じや低音が聞こえにくい、頭がふわふわするなどの症状は「耳管開放症」の可能性があります。
それでは、耳に膜が張った感じで聞こえにくい?耳管開放症の症状と治療方法をご紹介いたします。

耳に膜が張った感じ「耳管開放症」症状は?

耳管開放症はどういった症状があるのでしょうか。

まず、耳管とは中耳と咽頭をつなぐ管をいいます。通常はツバを飲み込んだり、あくびをすることで耳管が一時的に開放する仕組みとなっています。

耳管が常に開放状態の場合、耳に膜が張った感じがする、低音が聞こえにくい、頭ががふわふわする、自分の声が大きく聞こえるなどの症状があります。
自分の呼吸音さえも聞こえるなど大変、苦痛やストレスを感じる症状が現れます。

ただし、頭がふわふわするといった非回転性めまいの症状は、自律神経失調症の症状でも起こりますから、この症状一つだけでは判断するのは難しいです。

また、耳管開放症の初期の段階では、耳に膜が張った感じがするなどの症状が一時的に起こって自然治癒することもあります。
ですから、症状がない時には鼓膜の動きが確認できず診断がつかないこともあるようです。

耳管開放症の原因は?

耳管開放症の原因とはどういったことがあるのでしょうか。
症状を引き起こす原因として最も多いのが、急激な体重減少です。これは、耳管周辺の脂肪が減ることにより耳管が開放状態になりやすいからです。その他、血行不良、脱水症状、ストレス、女性であれば経口避妊薬の服用や妊娠によるホルモンバランスの変化も原因になります。
また、飛行機の気圧の急激な変化でも症状を引き起こすこともあります。

耳管開放症の治療方法は?

耳管開放症の特徴として、頭を低くしたり横に寝たりすることで、耳管が閉じて耳に膜が張った感じの不快な症状が軽減します。
症状が起こる前に急激な体重減少があった場合は、体重の回復を待ちます。
妊娠が原因であれば、妊娠が終わることで自然治癒する場合があります。
その他、漢方薬による薬物治療、耳管へ生理食塩水の点鼻法、耳管にゴール液をカテーテルで注入する方法などがあります。

まとめ

耳に膜が張った感じで聞こえにくい。耳管開放症の症状と治療方法はどうでしたか?
耳に膜が張った感じで聞こえにくいといった症状が続き、不安を感じているのでしたら、症状が悪化する前にまずは耳鼻科での診察を受けることが大切ですよ。

また、あなたが頭がふわふわする症状も抱えているのでしたら、「頭がふわふわする。それって自律神経失調症かもしれません。」の記事で解説しておりますので、興味のある方はご覧になってくださいませ。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。