鼻の中が痛い!我慢しないで。痛みの原因と対処方法

鼻の中が痛い!我慢しないで。痛みの原因と対処方法
鼻の中がチクチクして痛い、鼻の中にツーンとした目にしみるような痛みなど鼻の中に痛みを経験したことがありませんか?また、今現在も鼻の中が痛いと悩んでいるあなたにお答えします。
それでは、鼻の中が痛い!我慢しないで。痛みの原因と対処方法を紹介いたします。

鼻の中が痛い原因と対処方法

鼻の中の粘膜は非常にデリケートです。普段やっている事が実は鼻の中を傷付けてしまっている可能もあるのです。
それでは、鼻の中が痛い主な原因と対処方法をご紹介いたします。

●毛抜きで傷を付けてしまっている

鼻毛がでていると恥ずかしいですよね。男性も女性も一般的に鼻毛の処理には鼻毛抜きを使う方が多いそうです。しかし、鼻毛抜きはお手軽な反面、鼻の粘膜を傷付けてしまうことがあるのです。
しかも、鼻毛をきれいに抜いてしまう事は、空気中に漂う細菌をダイレクトに吸い込んでしまうことになり、呼吸器系の疾患にもつながる恐れがあります。

鼻毛の処理は鼻の粘膜を傷つけない鼻毛カッターを使うことがオススメです。
また、鼻毛カッターは鼻毛抜きのようにフィルターの役目をはたしている鼻毛を全て取り除いてしまうことがありません。

●乾燥

空気が乾燥する秋、冬に多くみられる症状です。冬に手が乾燥してひび割れで痛いといった経験をされたことがありませんか?それと同じく鼻の中の粘膜は非常にデリケートですから、鼻の中が乾燥すると痛みを感じることがあるのです。

部屋の中を乾燥させないように加湿器を使うことや外出時はマスクを着用することが大切です。
秋、冬の乾燥時期は、部屋の加湿や外出時のマスクは風邪予防にもなります。

●鼻のかみすぎ

風邪や花粉症などで鼻を頻繁にかむと鼻の中が赤くただれて炎症を起してしまうことがあります。そうなると少しの刺激だけで切れるような激痛が走ることがあります。

鼻のかみすぎの原因となる鼻水をとめるには、かかりつけの病院で診断を受けて薬を処方してもらうことが一番です。

●気温差

秋、冬に多くみられる症状です。暖かい部屋から寒い外に出た時に痛い!と感じた経験がありませんか?これは鼻の中の血管が収縮することで痛みを感じるのです。

マスクを着用することで急激な気温差をなくし鼻の中が痛いと感じることが軽減できるでしょう。

●できものができている

毛抜きや鼻をほじることで鼻の粘膜を傷つけ、菌が感染して炎症を起すことがあります。これが鼻の中にできもの、ニキビとなり、少しの刺激で痛みを起す原因となるのです。

鼻の中に細菌をいれるような、鼻をほじることをやめる、鼻毛抜きを使わない、鼻の中にできもの、ニキビができてしまった場合は、早めに耳鼻科で診断を受けることが大切です。

まとめ

鼻の中が痛い原因と対処方法をご紹介いたしましたがどうでしたか?
私自身、ご紹介した内容全てに経験がありますので、その時の鼻の中のつらい痛みは理解しています。
ちょっとした対処方法で鼻の中の痛みを軽減できたり、鼻の中が痛い症状を起させないことができますので是非、参考にしてみてくださいね!

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。