人前で緊張するあなたに知ってもらいたい5つの方法

人前で緊張するあなたに知ってもらいたい5つの方法
人前で緊張するというのは、誰でも経験があることだと思います。それが面接であったり、会議でのプレゼン、または沢山の人前でのスピーチなど、様々な場面で緊張を感じることがあると思います。
今回ご紹介する方法は、人前で緊張をしてしまうあなたに知ってもらいたい5つの方法をご紹介いたします。

人前で緊張する原因と知っておきたい5つの方法

①完璧ではない

人前でのスピーチですと、用意してきたスピーチを一言一句間違えずに話したい、完璧に終わらせたいといった、そのスピーチに完璧を求めてしまうとかえって緊張して、言葉が出てこないといった経験がある方もいることでしょう。
実はこの「完璧でないといけない」という思いがプレッシャーとなり緊張を生む原因なのです。
では、完璧さを求めて人前で緊張をするのですから、自分は完璧ではないと認識することが必要です。
失敗して当然!上手く話すことなんて出来はしない!とダメな自分を認めてあげるのです。
全てを伝える完璧さは必要ではなく、その中で重要なポイントだけを伝えられることが出来ればオッケーぐらいに考えておけば気持ちも楽になりますよね。

②練習をする

経験が浅いことや事前に練習をしていないことは、失敗することが多いと思います。
人は経験が浅いことや、やったことがないことにプレッシャーや恐怖を感じます。
恐怖は人前での緊張につながりますから、何度も練習を重ねることやリハーサルをすることで、人前での緊張を軽くすることができます。

③人と比べない

会議でのプレゼンで、前の人が流暢にプレゼンをしている姿に自分はそれ以上の結果を残さなくてはいけないとプレッシャーを感じ、いざ自分の番になると、まったく言葉がでなくなり、何がなんだか分からずに終了してまった経験はありませんか?
これは、前の人との評価を気にし過ぎて、人前で緊張するパターンです。
他人との競争ではない、例え失敗しても気にする必要はないと開きなおることで、気持ちが開放され人前での緊張を軽減できるでしょう。

④動悸、震えを抑える

会議などで突然指名されて意見を求められ、人前での緊張のあまりドキドキと動悸が激しくなり、手も震えて何を話していいのか分からなくなった経験はありませんか?
これは、身体的にスタンバイが出来ていないことで人前で緊張するパターンです。
まずは、深呼吸をして水を口にして身体をスタンバイモードにしましょう。
こうすることで、心拍数も下がり動悸を抑え、手の震えも抑える効果があります。
身体の変化を感じることができれば、準備が整ったサインですから人前での緊張もやわらぐはずです。

⑤筋肉をほぐす

筋肉のこわばりは、口が回らず上手く話すことが出来なくなりますので、人前での緊張につながるといえます。
事前にラジオ体操のような軽めの運動をしておくと筋肉の緊張もほぐれますし、「あ・い・う・え・お」を各5秒ずつ3セットの発声練習をすることで、口の周りの筋肉をほぐす効果があります。

まとめ

私も人前で緊張することで悩んでいた時期がありました。
今でも人前で緊張することはありますが、この5つの方法を実践してからは、人前にでても心が軽くなり緊張の度合いが低くなったと実感しています。

人前で緊張してどうしていいか分からないと思っていたら、是非実践してみてください。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。