仕事のやる気が出ない?隠れ自律神経失調症の12のサイン

仕事のやる気が出ない?隠れ自律神経失調症の12のサイン
仕事のやる気が出ない状態で悩んでいませんか?あせりや不安を感じてはいるけど、前に進むことができない状態になったらどうしていいか分かりませんよね。
じつは今、あなたが悩んでいる仕事のやる気が出ない状態は自律神経失調症の可能性があります。
それでは、仕事のやる気が出ない?隠れ自律神経失調症の12のサインをご紹介いたします。

仕事のやる気が出ない自律神経失調症の12のサイン

仕事や勉強などやらなければいけないことが目の前にあるのに、どうしてもまったくやる気が出ない状態で悩んでいませんか?「怠け心のせい」とか「気合が足りないんだ」と自分を責める前に、あなたの悩みが自律神経失調のサインの可能性があります。

自律神経失調症の12のサインをご紹介しますのでチェックしてみてください。

・仕事のやる気が出ない
・頭がふわふわするようなめまいをする時がある
・イライラして何も手につかない
・息苦しくて呼吸がうまくできない
・運動もしていないのに、動悸や息切れが起こる
・食欲がわかない
・胸やけがしている感じで、吐き気もする
・以前よりも疲れやすくなった
・毎日、だるくてしかたがない
・熱もないのに顔がほてる感じがする
・偏頭痛が起こるようになった
・寝ても寝ても疲れがとれない

1つも当てはまる項目がなければ、あなたの仕事のやる気が出ないという悩みは、自律神経失調症からくる症状ではない可能性があります。
ただし、2つ以上あてはまる項目があれば、あなたの自律神経のバランスが崩れかけている可能性があります。

自律神経失調症の症状や原因、治療方法をまとめたものを「頭がふわふわする。それって自律神経失調症かもしれません。」の記事で解説しておりますので、興味のある方はご覧になってくださいませ。

また、1つも自律神経失調症の症状に当てはまらないのに、仕事のやる気が出ないという方は、わたしも実践し、効果があるとおすすめできる方法がありますので、ご紹介いたします。

簡単にやる気スイッチを入れる方法

ここからは、自律神経失調症の症状に当てはまらない、あなたにおすすめする仕事のやる気が出ない状態を克服し、簡単にやる気スイッチを入れる方法をご紹介いたします。

漫画で例えるならドラゴンボールのスーパーサイヤ人になる方法といっても言いすぎではないかもしれません。

それは「姿勢を正す」ことです。

え?なにそれ!と思われるかもしれませんが、この姿勢を正すことであなたが悩んでいる仕事のやる気が出ない状態からスーパーサイヤ人になる可能性があるのです。

姿勢の正し方は、「背筋を伸ばし、あごをひいて胸をはる」これだけなんです。
これは歩いている時でも、デスクワークなど座っている時でもこの姿勢を正すことを忘れてはいけません。

背筋を伸ばすことは、慣れないうちは疲れる感じがありますが、1週間実践してみてください。
今までの姿勢はなんだったのか?と思えるぐらい、背筋を伸ばして歩いたり座ったりすることが楽になるはずです。
そして、仕事のやる気がでない状態も改善している可能性が高いと思います。

まとめ

仕事のやる気が出ない?隠れ自律神経失調症の12のサインはどうでしたか?
やる気スイッチを入れる方法でご紹介した「姿勢を正す」ことは、わたしも実践し、すごい効果があると思っています。
「姿勢を正す」だけで仕事のやる気が出ない状態を克服出来る可能性がありますから、是非、実践してみてくださいね。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。