首の寝違えの痛みに効く対処法!つらい痛みが驚くほど改善します

首の寝違えの痛みに効く対処法!つらい痛みが驚くほど改善します
朝起きたら首を寝違えてすごく痛いことってありますよね?ちょっと動かすだけでも「ズキン!」って痛みますから首の痛みで何もやる気が起こらなくなってしまいます。今回は、つらい首の寝違えの痛みに効く対処法をご紹介いたします。

首の寝違えとは

首の寝違えとは、寝ている間に首、頚部、背中などに不自然な力が継続的に加わり起こる炎症といわれています。
症状は首をちょっと動かしても激しく痛む寝違えから、少しの違和感程度の寝違えまで幅広い症状がみられます。
寝違えという医学用語はありませんが、「急性項部痛」、「頚部挫傷」などの病名がつけられています。

首の寝違えの原因は?

首の寝違えの原因は、日中の疲労や睡眠不足、お酒を飲んで寝た時など、睡眠中、寝返りをせず長時間不自然な姿勢が続くことで、朝起きた時に首の寝違えの症状がでます。
椅子やソファーなどで無理な姿勢で寝てしまった時も首の寝違えが起こることもあります。

首の寝違えの対処法

首の寝違えの対処法として色々な方法がありますが、私自身が色々試してたどりついた対処法をご紹介します。

■痛みがある部分を冷やす

首に寝違えの痛みがあるということは、その部分が炎症を起こしているということです。ですから炎症している部分を冷やしてあげることが大切です。
氷袋を作って首の寝違えた部分を冷やすことは効果がありますが、手間もかかりますし何より、働いていたり学校に行かれたりと日中に安静にできない方には無理がありますよね。
そこでオススメは、冷シップを張ることです。これで驚くほど痛みが和らぎます。

■安静にする

首の寝違えには、安静が一番といわれています。安静にできる環境にある方は、首の寝違えた部分を冷シップなどで冷やして安静にすることで症状は改善するでしょう。

首の寝違えの痛みは、通常3日から1週間程度で痛みは和らいできます。

首を寝違えてやってはいけないこと

首の寝違えで痛む部分を無理やりストレッチなどで動かしたり、揉んだりすると更に悪化して痛みがひどくなることがあります。
私自身、首の寝違えで何度もストレッチ系を試し、更に痛みがひどくなった経験がありますので、本当に注意してください。

まとめ

首の寝違えの痛みは本当につらく、不快なものです。仕事、勉強にも集中出来ず散々ですよね。
今回ご紹介した、首の寝違えの痛み効く対処法を是非、試していただきつらい痛みを和らげてください。
注意していただきたいことは、「我慢できないような痛み」、「発熱」、「首を動かすことで手足に痛みがある」場合は、単なる首の寝違えではない可能性がありますので、かかりつけのお医者さんに診察を受けてください。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。