西川貴教の筋肉レボリューション!最新筋トレ理論で鋼の肉体へ

西川貴教の筋肉レボリューション!最新筋トレ理論で鋼の肉体へ
西川貴教の筋肉の申し子ともいうべき、あの鋼の肉体をテレビなどでご覧になられましたか?徹底して磨きぬかれた筋肉は芸術作品というべきでしょう。
しかし、西川貴教はあの鋼の筋肉はどうやって手に入れたのでしょうか?
それでは西川貴教の筋肉を作った最新筋トレ理論をご紹介いたします。

西川貴教のプロフィール


【本名】西川貴教
【生年月日】1970年9月19日(44歳)
【星座】おとめ座
【身長】161cm
【体重】46kg
【血液型】A型
【出身地】滋賀県野洲郡野洲町
【出身校】野洲市立野洲中学校卒業
滋賀県立野洲高等学校中退

西川貴教といえば、T.M.Revolutionとしてミュージシャン活動が有名ですよね。
ミュージシャンとしてのメジャーデビューは、1991年7月でこの頃はLuis-Maryというバンドのボーカルとして活動していました。しかし、1993年のLuis-Maryの解散により2年間の沈黙期間に入ります。
1995年にaccessの浅倉大介のソロシングルにボーカルとして参加。
1996年に長い沈黙を破りソロプロジェクトの「T.M.Revolution」として活動を始めたのです。
西川貴教がT.M.Revolutionとして活動後は、発売したシングルは次々とオリコンチャートを席巻し、「HIGH PRESSURE」、「WHITE BREATH」、「HOT LIMIT」など聞く者を圧倒する歌唱力でJPOPの黄金期を担う一人となったのです。
1999年に一度T.M.Revolutionとしての活動を封印することになりましたが、翌年の2000年にはT.M.Revolutionを再始動し、2004年発売のシングル「イグナイテッド」では「HOT LIMIT」以来のオリコンチャート1位を獲得するなど、その人気は衰えることなく、現在に至るまで第一線で活躍するアーティストなのです。

ちなみに「T.M.Revolution」の意味は、Takanori Makes Revolution(西川貴教が革命を起こす)の頭文字を取ったものだそうです。

西川貴教の筋肉トレーニング

西川貴教の筋肉トレーニングをはじめた理由は、ライブ活動での精度を上げることやその中で体が故障しないようにすることが筋肉トレーニングの目的だったそうです。
それでは、西川貴教が実践する筋肉トレーニングをご紹介します。

■ランニング(30分)
■腕立て伏せ(10回×10セット)
■腹筋(100回)
■レッグアダクション(20回×4セット)
■レッグアブダクション(20回×4セット)
■背筋(10回×10セット)
■壁倒立(10回×5セット)
■ラットプルダウン 50kg~80kg(60回)
■懸垂(10回×5セット)
■腕立て伏せジャンプ(10回×4セット)
■ペクトラルフライ(8回×7セット)
■ベンチプレス 35kg~75kg(10回×6セット)
■トライセプト(10回×4セット)
■自転車でのインターバル(10秒×5セット)

このプログラムを週3回、2時間かけて行います。

まとめ

西川貴教の筋肉トレーニングをご紹介しましたが、どうでしたか?2時間をかけて行う筋肉トレーニングですから、実際に実践するには、時間を確保するのがちょっと難しいかもしれないですよね。
しかし、あの西川貴教の鋼の筋肉を手に入れるには、そこまでやるストイックさが必要なのかもしれませんね。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。