便の匂いがしてますよ!コーヒーの口臭の原因と対策

便の匂いがしてますよ!コーヒーの口臭の原因と対策
コーヒーを飲み終わったあとって皆さんどうしていますか?口をすすぐだけ?
実は口をすすぐだけでは、コーヒーの口臭は消えないのです!あなたの口臭は便の匂いがしている可能性があります。
今回ご紹介する4つの口臭対策を試し、口の便の匂いを解消してくださいね。

口臭が便の匂いがする原因は?

コーヒーが起因する、口の便の匂い対策の前に、口臭の原因をご説明いたします。
■口内のぺーハー(pH)値の低下
コーヒーを飲むと口の中のペーハー値(pH)を低下させ、口臭が便の匂いの原因となるのです。

■砂糖やミルク
コーヒーに入れる砂糖やミルクも舌の表面に残り、分解による臭気を発し口臭が便の匂いの原因となります。

■コーヒーの微粒子
コーヒーに入れる砂糖やミルクも舌の表面に残り、分解による臭気を発し口臭が便の匂いの原因となります。

■唾液の減少
コーヒーの渋み成分が唾液がでるのを抑制します。唾液は口内の洗浄、殺菌作用があり口臭が便の匂いの原因となる揮発性ガスを発生させる細菌の増殖を抑制するのです。

口臭が便の匂いがする場合の対策は?

①舌みがきをする

コーヒーの口臭対策で舌みがきをする
コーヒーの微粒子や砂糖、ミルクが舌の表面に付着することで口臭が便の匂いの原因となりますので、舌みがきをすることで口臭の元を洗い落とすことができます。

②ガムをかむ

コーヒーの口臭対策でガムをかむ
ガムは、コーヒーを飲むことで口内のペーハー(pH)値を低下をさせたものを、元の正常な状態に戻す作用があります。舌みがきをした後にガムをかむと効果抜群です。
また、ガムをかむことで唾液が分泌しますので、唾液の洗浄、殺菌作用で細菌増殖を抑制する効果があります。

③タバコを吸わない

コーヒーの口臭対策でタバコを吸わない
コーヒーの微粒子や砂糖、ミルクが舌の表面に付着することで口臭が便の匂いの原因となりますので、舌みがきをすることで口臭の元を洗い落とすことができます。

④コーヒーはブラックにする

コーヒーの口臭対策でブラックコーヒーにする
コーヒーの口臭原因でもご説明しましたが、コーヒーに入れる砂糖やミルクが舌に残り、臭気を発して口臭が便の匂いとなりますので、この口臭の元となる、砂糖やミルクを入れないだけでも口臭対策になるでしょう。

口臭対策で注意するポイントは?

コーヒーの便の匂いをきれいサッパリ消そうとするあまり、舌みがきのやりすぎに注意してください。
舌の中心にある舌苔(ぜったい)と呼ばれる部分を下みがきでとり過ぎると、下乳頭を傷つけてしまい唾液をためておく機能が低下してしまいます。
口内に唾液が少なくなると、唾液による口内の洗浄・殺菌ができず、口臭の元となる細菌を増殖させてしまう原因となります。
ポイントは、強くみがき過ぎず優しくみがくことが大切です。
また、専用の舌ブラシや舌クリーナーを使う場合も同様に、優しくみがくことがポイントです。

まとめ

便の匂いがしてますよ!コーヒーの口臭の原因と対策の記事はどうでしたか?
口臭は自分では中々気がつかないことが多いですし、まさか自分の口臭が便の匂いがしているとは思いもしませんので油断している人が多いと思います。
しっかり口臭対策をして口から便の匂いをさせないように気をつけましょうね。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。