ウォーキングを10倍快適にする服装と便利グッズをご紹介

ウォーキングを10倍快適にする服装と便利グッズをご紹介
ダイエットや健康のためにウォーキングをはじめられる方が年々増えているといわれています。
ウォーキングは体に優しく、手軽にはじめられる運動ですから、ウォーキング人気が上昇しているのもうなずけますよね!
では、ウォーキングをはじめるには、どんな服装やグッズを用意したらいいのでしょうか?
私が実践する「ウォーキングを10倍快適にする服装と便利グッズ」をご紹介したいと思います。

ウォーキングを快適にする服装

■春・夏のウォーキングの服装

当ブログで紹介しました「プロ考案!ウォーキングダイエット成功の5つの黄金法則」のやり方でウォーキングを行うと、夏でしたらすごい汗をかきます。
汗をかいている時はまだいいのですが、じょじょに体が冷えてきた時に発汗性の良いシャツやジャージのような服装でない場合、「濡れ冷え」をして腹痛を起こしたり、風邪の原因にもなります。
以前は、発汗性の良いシャツやジャージは、値段の高いものばかりでしたが、現在では普通のシャツやジャージと変わらない値段で販売されています。
最初からそういった物を揃えることに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、私の経験上、揃えておいて損はないと思います。

■秋・冬のウォーキングの服装

冬のウォーキングはどうしても寒いので、ついつい温かい服装で重ね着をしてしまいがちです。
しかし、この厚着をすることで風邪を引いてしまうこともあるのです。
それはどうしてでしょうか?
春・夏のウォーキング同様に秋・冬も運動をすれば汗はどうしてもかきます。
そうすると厚着、重ね着をすることによってそこに汗が吸収され「濡れ冷え」が起こる原因になってしまうのです。
春・夏のウォーキング同様に発汗性の良いシャツやジャージのような服装をするのが最適です。
防寒の面の服装としては、その上からウインドブレーカーなどを着用することで体温調節を図りましょう。

■日焼け防ぐための帽子

季節を通して日中のウォーキングであれば、日焼けを防ぐ為の帽子が必要だと思います。
こちらも汗による蒸れを防ぐため、発汗性の良い帽子がオススメです。

ウォーキングを快適にする便利グッズ

■LEDアームバンド

夜間にウォーキングをする方には、この「LEDアームバンド」は必須グッズだと思います。
車や自転車との接触事故防止に役立つ安全グッズです。

値段も500円程度から販売されていますので、夜間にウォーキングされる方は是非お試しください。

 

■ボディバックかウエストバック

ウォーキングに欠かせない水分補給ですが、水筒やペットボトルを持ち歩くには、ボディバックかウエストバックに入れるのがベストです。
私は水筒をボディバックに入れてウォーキングをしています。以前はウエストバックを使っていたのですが、時間が経つにつれてズレてしまう事が多かったので、現在はボディバックに落ち着いています。
また、ボディバックの方が小銭入れなどの小物も入れやすいので重宝すると思います。

■Nike+Runningアプリ

これはグッズではありませんが、GPSと加速度センサーが走行距離、ペース、時間を正確に記録してくれます。
設定により、ウォーキング中の音声による1km毎の結果もリアルタイムでお知らせしてくれるIphone、スマホのアプリです。
私も常にこのアプリを使ってウォーキングをしています。日々のやる気を保つのにも非常に役立っています。

まとめ

ウォーキングを快適にする服装と便利グッズをご紹介しましたがどうでしたか?グッズの中にウォークマンが入ってないのでは?と思われた方もいるかと思います。
私も以前、ウォークマンで音楽を聴きながらウォーキングをしていた時期があったのですが、意外と注意散漫になってしまい自転車と接触事故を起こしそうになったことがありました。
それがきっかけでウォーキング中はウォークマンで音楽を聴くことがなくなったのです。
これは私の経験からなので全ての方に当てはまるとは思いませんが、回りの音も聴きとりづらくなると思いますので、音楽を聴きながらのウォーキングは十分注意をして下さいね。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。