プロ考案!ウォーキングダイエット成功の5つの黄金法則

プロ考案!ウォーキングダイエット成功の5つの黄金法則
毎日ウォーキングをしているのにどうして痩せないんだろう?って思っている方、意外と多いんじゃないでしょうか?
実は私も同じように悩んで、ウォーキングを止めてしまった経験があります。
その後、色々と調べてウォーキングダイエットを成功させる5つの黄金法則があることを知ったのです。
その法則をもとに、再度ウォーキングでダイエットを実践したところしっかりとダイエット効果を実感することができました。
そこで、自称ウォーキングのプロの私自身が効果が確認できたウォーキングダイエットを成功させる5つの黄金法則をご紹介します。

ダイエット効果を最大限引き出す5つの法則

■ウォーキング前にコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を分解する酵素のリパーゼという消化酵素を活発にする効果があります。
脂肪燃焼までに20分程度の時間がかかりますので、ウォーキングを始める20~30分前に飲むようにしましょう。
飲む量はコーヒー一杯程度として、砂糖は入れないのがベストです。
砂糖を入れてしまうとカロリーも高くなりますし、カフェインの働きを妨害してしまいます。
コーヒー以外にも緑茶や紅茶、コーラなどカフェインを含む飲み物がありますが、一番カフェインの量が多いのがコーヒーなので、ここではコーヒーを選択しています。
また、コーヒーを沢山飲めばダイエット効果が倍になるということはありませんので、適量を守ることが大切です。

■正しい姿勢を心がける

・背筋をしっかり伸ばす
・軽くあごを引き、目線はまっすぐ前に向ける
猫背などの悪い姿勢でウォーキングを行いますと、運動消費量も少なくなり、ダイエット効果も格段に減ってしまいます。

■ウォーキングの速度は5km~6km

息が乱れない程度の早足(5km~6km)でのウォーキングが効果的です。

■ウォーキングをする時間は“1時間”

私の経験から1時間程度がベストだと思います。
ただし、最初から1時間は結構大変だと思いますので、最初は30分程度から始めて、体が慣れてきたと感じたらじょじょに時間を延ばしていくことが重要だと思います。
一度に1時間は時間がとれない方もいらっしゃると思います。
一度に1時間は時間がとれない方もいらっしゃると思います。そういう方は時間を分割して、例えば朝30分、夜30分のウォーキングとしても問題ありませんしダイエット効果はあります。
更に細かく時間を分割してウォーキングをしても当然ダイエット効果は見込めます。
合計した時間が1時間となればいいのです。

■食事前のウォーキング

食事前のウォーキングは、脂肪燃焼効果が更にアップします。

ウォーキングをする前の注意点

■水分は定期的に補給する

スポーツドリンクなどを準備して、運動前に250ml~500mlを数回に分けて飲むようにしてください。
運動中は約20分おきに適量を飲むことが大切です。

まとめ

「雨の日」や「気温の高い日」などは無理をせず休むことが大切です。
ウォーキングは継続することが重要です。無理をして体を壊してしまったら続けることができなくなりますよね。
また、無理をしてウォーキングを続けますと、ストレスがたまり、やる気の維持ができなくなりますし、健康やダイエット効果が目的のウォーキングが逆効果にもなってしまいます。
今回、ご紹介した5つの法則を無理をせず、継続していくことが大切です。是非、お試しください!

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。