ヤマアラシとハリネズミの違いは?意外な天敵と可愛い動画が話題

ヤマアラシとハリネズミの違いは?意外な天敵と可愛い動画が話題
ヤマアラシとハリネズミの違いって知っていますか?天敵って何?そんな知ってそうで意外と知らないその違いを徹底的に調べました。

ヤマアラシってどんな動物?

ヤマアラシは、ユーラシアとアフリカに生息するヤマアラシ科と南北アメリカに生息するアメリカヤマアラシの2つのグループが存在します。両者ともに天敵から身を守るため、体中に針があります。
ヤマアラシの場合、他の針を持つ哺乳類と違い、身を守るための針というよりは、積極的に敵に攻撃を仕掛ける針であるといわれています。
天敵である、トラなどの肉食獣に出会うと、しっぽを振り相手を威嚇しつつ、背中の針を立てて、敵に後ろ向きに突進するなど攻撃的な防御を得意とします。
ヤマアラシの場合、針の硬さはゴム長靴を貫き、例え食べられてしまったとしても、ヤマアラシの針が敵の内臓を破り感染症を起こさせることがあります。

ヤマアラシとハリネズミの違い

ヤマアラシとハリネズミ、どちらも針がありますが、違いはなんでしょうか?見た目や大きがまず違います。
ヤマアラシは全長60~93cm、体重は13~27kg。ハリネズミは全長15~20cm、体重が300g程度ですから明らかな違いがありますよね。
針の使い方も、ヤマアラシは攻撃のため針を使いますが、ハリネズミは身を守るために針を使います。
食べ物も、ヤマアラシは地上に落下した果実などの植物性植物を主食としますが、ハリネズミは昆虫を主食とします。
ヤマアラシの寿命は野生で12~15年。飼育下では20年を超えます。ハリネズミは野生で2~3年、飼育下で6年~10年といわれています。
ちなみに同じところは、ヤマアラシ、ハリネズミ、どちらも夜行性ということと、どちらの針も刺されば針に返しのようなものがあり、抜けずらいことがいわれています。

ヤマアラシの天敵

トラも敬遠するといわれるヤマアラシですが、天敵はいるのでしょうか?オオカミやコヨーテ、ヒョウ、フクロウ、ボブキャットなどが天敵といわれています。どれも素早い動きでヤマアラシの針をかいくぐり、針のない頭部を攻撃し仕留めるようです。
その他、フィッシャーと呼ばれるテンの仲間も天敵とされています。こちらも動きがすばやくヤマアラシの仕留め方はオオカミやコヨーテなどと同じです。
このフィッシャーは、ヤマアラシの他の天敵と比べ、見た目もかわいいので意外に思われる方もいるかもしれませんね。

ヤマアラシの赤ちゃん動画


めちゃめちゃ可愛いですよね!でも可愛いいからといって頬ずりしたら針が刺さっちゃいますよ~

まとめ

ヤマアラシとハリネズミの違いは結構ありましたよね。イメージでは随分似ているように思っていましたが、調べてみると全然違うことがよくわかりました。
意外だったのはヤマアラシの天敵でフィッシャーと呼ばれる、テンの仲間です。可愛い顔をして意外とやるな!と思いました。

それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。